相老の家
 

「プライバシーを守りながら、見守りあえる家」、「20年先も自由な使い方ができる家」を目指しました。中庭をはさんだ2つの棟が室内の縁側のような空間でつながっています。

お互いの部屋のあかりを感じることで安心でき、子供たちが庭で遊ぶ姿が道からもこぼれ、遠巻きに見守りあえる住まいです。

 

リビングのある棟は、夫婦2人が生活するのに丁度良い広さです。もう一つの棟は、子供たちの成長にあわせて仕切って子供部屋にしたり、夫婦の趣味に使ったり、将来さまざまな可能性を持たせたつくりになっています。

data

所在地:群馬県桐生市

床面積:117.67m2

竣工:2012.03

用途:住宅